ストーリー

不器用だけれど明るく生きる、実在の夫婦と家族の姿を通して、
日本人のたくましさ、誠実な生き方を描く、愛の実話。

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、
亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。
しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。

いつまた、君と ~何日君再来~

そんな朋子の代わりに、孫の理が
『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。

綴られていたのは今まで知ることのなかった、
戦中・戦後の困難な時代を生きてきた
祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、
深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった-。

いつまた、君と ~何日君再来~

いつまた、君と ~何日君再来~ いつまた、君と ~何日君再来~ いつまた、君と ~何日君再来~ いつまた、君と ~何日君再来~